プロアマ

昨日は町内のゴルフコンペがありまして

どうしてもこのコンペだけは、100回が切れません。

取り付かれているのかも。

一緒に回ったのは、ネットで調べるとゴルフの競技会の戦歴が

ずらーっと出るほど有名なアマの方と

その方の一切年下の女性の方。(62才、ポルシェのカイエンターボを運転して来場)

1700万円なり。

やはり競技会でも絶えず上位にランクされる方になりますと

一日の平均バーディー数は、3.7回だそうで。

この日も4回のバーディーを意図も簡単に取ってしまうほどの腕前で。

この日は、2オーバー。

私といえば、出だしパーパーといい感じでスタートできたので

今日はこのうまいおじさんについていくべーなんて考えていましたら

3ホール目で連続OB出して、そこからは語るも無残で

挙句には、後半にはその女性にも置いていかれ

とほほな結果となってしまいましたが。

まあ、それでいいのかもと開き直ってパーティーへ。

すると、隣に座った前回ご一緒した方のご職業が

なんと「科捜研」だということで

いやはや、根掘り葉掘り

聞き出したりしていたわけです。

警察庁の管轄ではないので、移動などは無いらしいので20年勤続といっていましたから

かなり上にいっているのかなと。

DNAの検査は、かなり高額の機器を備えていて

その精度もすごいらしく、染色体の異常までも調べられるのだそうです。

ただ、単純な作業が続くときが多いので

そういうときには、「科捜研の女」なんかをみてやる気を起こすのだそうです。

表彰式の話などそっちのけでお話していましたら

やっと今日のゴルフのストレスから開放されたのでした。

広告を非表示にする