冬を楽しむ

関越道を走っていて驚いた。

かなりスキー場に行く車が増えていることに。

ところどころで渋滞が発生していて、これもまたいいことかなと。

我々の子供の世代が親になり、新たなスキー世代を作ったようだ。

越後湯沢までのんびり行っても三時間。

孫は、まだ着かないのと何度もたずねる。

婿殿も私も、車を冬使用にするという考えはさらさらなくて

今回は、レンタカー。

ワゴン車の後部座席は、ジジババと子供にとっては天国だね。

何をするのも初体験。

昨今何処のスキー場でも、キッズ用の遊び場と遊び道具が完備されていて

しっかりと子供も楽しめる環境が整っている。

親も遊べるし、子供も楽しいが基本らしい。

親二人が、リフトに乗っていっても下のゲレンデで

ジジババたちも充分たのしい。

たまには交代して、一人山頂へ。


私的感想

ショートスキーは、気楽でたのしい。
ストックのない長い距離のスケーティングは大変だけど
滑ることに関していえば、細かなターンやコブを攻めるのには適してはいませんが
ボーダーと一緒のラインをとるような感じなら、ストレスなく楽しめます。
板が短いので、急斜面でコブをまたいでしまうことがないので
絶えず接地しているので、恐怖感はなくなるはずです。
どちらかというと、膝をぴったりくっつけてパラレルするのは無理です。

回りの若者たちがボードになってしまってその中ですべるのであれば
これがあれば、ダサくないのかなと。


つづく

広告を非表示にする