初々

来週は結婚式だけど、その前に新居に引越したときいたのでお祝い兼ねて行ってみようと。何とも場所は、祖父母の家の二軒向かいで、両親の家が窓から見えるという、何とも奇跡的な立地条件。お隣は、まだ買手が決まっていないようで営業がベンチコート着て立っている。

大きなお腹の姪は玄関先で待っていてくれた。

全てが新品で、なんとも初々しい。

直ぐにおいとまするはずが、お寿司とお酒が用意されていて

この後の予定が全てキャンセルに。

姪の祖父母四人とダイニングに座っている不思議な感覚。

そう、両親は商売で忙しく二組の祖父母に育てられたようなものだもの。

何度祖父母から、この子はという言葉を聞いたか。

あのシャキシャキしている性格は、祖母譲りなのだと納得したのでした。

 

26歳と20歳の夫婦は、ここから始まる。

 
 
広告を非表示にする