始動

アドレスから始動する際に、よくいわれるのが

「肩から始動する」ということ。

これが、なかなかできないのよ。

どうしても手に意識が行ってしまうものなのだけど。

手から始動すると、何故か右肘がうしろに引けてしまい

肩があんまり入っていない状態で、トップができてしまう。

いわゆる捻転ができていない楽なトップになってしまい、左下半身

から始動するのが難しくなる。

手と一緒に上半身を飛球線と反対にむけることができたら、おのずと

左下半身から始動できるようになるのです。

するとダフリやトップなどの心配などしなくても平気。

まだ身体が覚えていないので、ティーグランドでルーティンに

時間がかかってしまいまして。

身体が覚えるまで、堪忍しとくれやっしゃ。

広告を非表示にする