一人で逝け

硫化水素で父親も死亡=長男が自宅で自殺−東京・大田8月6日11時29分配信 時事通信


 6日午前2時半ごろ、東京都大田区北千束の自営業の男性(63)方で、長男(20)が浴室で倒れているのを男性と妻(55)が見つけ、119番した。男性は助けに入って倒れ、長男とともに搬送先の病院で死亡が確認された。妻も軽傷を負った。
 浴室内から硫化水素が検知されており、警視庁田園調布署は長男が自殺し、男性が巻き込まれたとみて調べている。
 調べによると、浴室内には塩素系洗剤の空き容器などがあり、ドアには「硫化水素発生中。開けないように」と書かれた張り紙があった。遺書も残されていた。 

この自殺をした長男は、昨日のニュース見なかったのだろうか。
松本サリン事件で、夫は第一通報者であるがゆえに警察とマスコミに殺されかけ、妻はそのサリンのせいで命を失った悲劇を。

自宅の浴室に「硫化水素発生中。開けないように」と張り紙がしてあっとき、開けない親が何処にいる。いや、開ける事も想定していたのか。

マスコミも硫化水素自殺を連鎖させないためなのか、あまりテレビでも取り上げないが、これだけは、やめようよ。

マンションや学校などの人のたくさんいる場所でされたらと考えるとぞっとします。

やめましょうよ。自爆テロ

広告を非表示にする