カード現金化

最近では、駅前やらに堂々と看板を出して

営業しているが、これってどうなのでしょう。


上記は、東洋経済より

疑問に思うのは、割賦販売法がとても厳しくなったにもかかわらず

どうしてカード会社と契約を結び加盟店になれるのかという点。

上の図でいうと「決済代行会社」というのが、キーマンだよね。

決済代行会社というのは、けっこう昔からあるのだけど

どのような業務をしていたかというと

お客様がいろんなカードを使ってくれるのはいいけど、カード会社ごとに

決済日もまちまちだし経理上もめんどくさい。

なので一括して管理して、決済日よりも早くすぐに現金として

販売店に支払いますよというような業務。

チェッカーも貸し出すし、帳簿も作ってあげますよみたいな。

ただ、ここが海外の大手カードと加盟店契約していると

いろんなことができるわけさー。(ただし決済は国内のカード会社)

いろんな業種(わかるな)で、使用可能ですというような広告を

だしても大丈夫になるわけよ。

お客がカードの引き落しができなくなっても、国内のカード会社は

決済してくれるので海外カード会社は、一切損は出ない。

本当の実態は、まだはっきりとはしていないけど

おそらくは、こんなとこでしょうか。

国内カード会社が、お客と現金化業者を相手取って裁判起こさないと

(しかしこれも詐欺での立件が必要だし)。

現在国内のカード会社は、強力な体力をもっているところは少ない。

早急な法整備が必要と考えますが、どうでしょ。

ただしあくまでも、第一被害者はカード会社ですから。

広告を非表示にする