偲ぶ

今頃は、通夜してるか。

よくうちの親父と夜中まで話こんでいたように

記憶している。

小さい時、叔父さんが息子達を遊びに連れてく時に、私も連れ出してくれたっけ。

親父の事も、そのいう事をきいてる私も

歯がゆく思っていたのだろう。

30年以上も前に羽田までの飛行機が一緒だった時がある。

話の成り行きで、自由に生きろと言う答えを

絶対に言うだろうなと期待していたが、その時は真逆だった。

まあ、あの叔父さんの良いところは

女には、わかるまいて。

長男も次男も、あなたの思いとは裏腹に

組織に属さず、けど成功してるよ。

もう何の心配もないさ。

まあ、あちらでも喧嘩ごしの

討論してくれよ。

 

f:id:CLALIS:20170804205046j:image

 

 

 

 

広告を非表示にする