読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関わり

ナヤミ雑貨店いやナミヤ雑貨店は、短編ではなかった。若い時とは違って、他人の人生を左右しかねないアドバイスをすることに躊躇いや逃げていた考え方に他方もあるのかなと。
登場人物や時間の妙味より、ナミヤ爺さんの
言葉のほうが響いてくる。

f:id:CLALIS:20160518063619j:image
広告を非表示にする