秘書のせい

政治家の過去のスキャンダルや選挙違反、しいては収賄事件まで。
よく出ると言ってしまうと不謹慎ですが。
毎度思うのです。
「秘書のせい」なのだと。
下着ドロボーは、選挙の前に懺悔しなければならないし、盆踊りの団扇は支援者に止めて下さいと言わなくてはならない。そしてヤバそうな団体からの多額の寄付金は、手をだしてはいけませんと政治家にストップをかけないといけないのです。
では、誰がするか。
それは、政治家の政治コンサルタントリスク管理者、法務担当がするのです。
ただ日本には、表だってそのような役職もないですから。では誰が。
そう、秘書がしなければならないのです。
T代議士の秘書は、何をしてたのでしょう。
そういう無能な秘書を雇っていた本人もどうかと思いますが、他の有能な秘書から言わせると
やっぱり秘書のせいなのだと答えるかと。
政治家には、政治だけさせとけばいいのです。

当選してからだと納税者に不利益だから、やっぱり日本にもネガティヴキャンペーンは必要な手段のような。


広告を非表示にする