独り映画

日曜日、嫁に映画でも見に行って来たらと促され。

相方がすすめていた「キングスマン」をみることに。

確かに、おもしろい。

サムエル・エル・ジャクソンが「人類は地球にとってのウイルスだ」といっているのは

感心させられたりも。

人を殺すシーンは、とにかく派手でえげつないわりに「マナーが紳士をつくる」

などという。

スカッとしたい方には、いいかも。

 

日曜日の映画館といえば、やはり高校生のカップルがけっこういて。

それぞれに幸せそうに見えるのだけど。

最近、高校生が殺される事件多いような。

しかも、事情がかなり複雑なようで。

みんな病んでいるのかな。

そんな病んでる高校生には、こんな映画がよいかも。

「ウォールフラワー」。

 

内容も、音楽も、ジジィの私でもくすぐられる。

確かに、背景が1991年だからね。

 

f:id:CLALIS:20150930093042j:plain

自分の中の苦悩に立ち向かって

そしてヒーローになれるって。

by David Bowie

 

 

広告を非表示にする