教授の憂鬱

昨晩は、お隣の教授と半年ぶりの飲み会。

そうだった。

教授の呑むペース、とんでもなく速いんだった。

30分で焼酎が一本空に。

とても付いていけない。

その後一時間で、もう一本空く。

その頃には、早二軒目の店決め。

タクシーで自宅そばのカラオケのあるスナックへ。

「先生、明日講義は何限からですか?」

とたずねますと

「明日、僕はお休みなの」

えー、私は普通にお仕事。

とか言いながら、酔っ払っていることをいいことに

音大の教授の前で、三曲も熱唱しちまった。


明日は自己嫌悪プラス二日酔いで起きれるかなーと

深夜の月をシャメで撮る。


表題は、教授の娘さん就職しなおすのにかなりハードに勉強してるらしいのだけど

お父さんとしては、永久就職を望んでいるらしい。

広告を非表示にする