人の立場とは、確かにそれぞれで。

しかし、当事者になってみないと判らないものというのも

多々ある。

土曜は、嫁のリハビリの日。

移動は全て車椅子。

私も若かりし頃、2週間ほど車椅子生活をしていたが

それはあくまで病院内で、外出という経験がなかった。

しかし、昨今の病院は家で生活が可能なのであれば

どうぞ早く退院してくださいという姿勢らしい。

で、いろいろと調べると新たな驚きが。

たとえば車椅子の価格。

これは考えていた価格よりもはるかに安い。

20000円でお釣りがくるものも多いこと。

あと、日本の歩道(歩道があればだが)は車椅子には

全く適していない。

容赦なく歩道と車道の段差が立ちはだかる。

ただ、小売店はやさしい。

店舗の一番近くに駐車させてくれるし、車椅子の貸出し

(無料)までしてくれる。

見知らぬ人がドアを開けてくれるし、微笑んでくれる。

レストランでは、4人がけのところに席を取ってくれるし
ね。

車椅子を押してる私のほうまで、何かいい気分で。

ボランティア活動でもしているかのような......

公共インフラが未だ大したことのないこの国だが

確かに民間と世間の お も て な し は、

誇れるのかも。

広告を非表示にする