線量計

福島第一原発に行ってるOクンから朝一で電話が。

彼の部下は30人ほど行っているらしい。

現在3000人ぐらいの作業員がはいっていると。

「Oクンはどこまで近づいたの」

ときいたら

「目の前まで」

「どのくらい浴びてる?」

「2ヶ月で1年分はすぐに越したよ」

それが、作業員用の年間被曝量なのかは聞き忘れた。

被曝して入院してしまった人いるの?」

「僕のところではいないよ」

「けど骨折などのけが人は3人でたかな」

やはりその原因も、建屋が爆発したときの壊れた鉄骨などが散乱しているかららしく

片付けたくても、放射線量が高くて処理できないことかららしい。

「今日2号炉で核反応がおきてるような報道があったが」

「んー現在も水はもれつづけているからありえる」




少し前から福島のお母さんがたの流行語をしっているだろうか。

「フレッシュな放射能

というらしい。

自分で毎日除染しても、翌朝になって測ってみると

また数値があがっていると。

広告を非表示にする