志半ば

昨日と一昨日の忙しさは、何処にいったのやら。

今日は元豆腐屋さんの奥さんがお一人で来られた。

身障者就労施設としてお豆腐づくりを目指していた親父さんは

12月にお亡くなりになった。

亡くなる前日にNPOの代表が見舞いに来られた際に、その腕をつかんで

悔しい悔しいと涙ながらに訴えていたそうだ。

もう機材もそろい、いざ開業という矢先の出来事だったそうで

かわる人材確保に追われているらしい。

奥さんが教えてやればといいましたら、「揚げ物専門だったから」と。

しかし、旦那がそれほどまでに一生懸命になっていた夢だったので

揚げ物は、教えにいくそうです。

このオヤジさんの豆腐のチーズケーキ、何度かもらったけどうまかったよ。

70を迎えても人から必要とされ、夢をもって進む。

うらやましい。



かなえられなかった夢なーと思い、

リバーを探していたら、スティングと一緒に歌ってる。

広告を非表示にする