愛息

24歳という若さで亡くなったエンツィオの息子。

息子は、大排気量では市販車としては限界があるとして

V6の2000ccをフィアットに作らせた。

だから206。

ボディーは、ピニンファリーナに。

息子は死んだけど父は、息子のアルフレードの愛称「ディーノ」

と名づけて150台を市販した。

イタリアで一番の名車。

あー、よだれが出ちゃう。

懐かしいクロモドラのホイル、しかもセンターロック。

何処をさがしても、馬のマークはないから。



因みに、これを20歳の誕生日に買った日本人女優といえば。

さて、誰でしょう。

1/150台だせー。

広告を非表示にする