女医のはなし

嫁の知り合いの女医の話から。

勤務医の女医が、朝から忙しく外来を診察していると

救命から応援を頼まれて、行ってみると見覚えのある顔が。

去年も師走の時期に救命に運ばれてきたおばあさん。

どうも年末になると、ひとりでクリスマスとお正月を過すのが

よっぽどいやなのか、決められている薬の服用をやめてしまうらしい。

最後には、救急車を呼び1ヶ月間の入院ということになるのだとか。

昨年もその作戦は成功し、12月と1月は病院で過せることができたのだそうです。

実話です。

嫁は、この人にすっごく似てるといいますが。

一度だけ診てもらったことがありますが、えーっという感じです。

そういえば、二人でインフルの予防接種を受けてきたのですが

これは健康保険を見せる必要ないんですね。

某クリニックで2500円でした。

しかし気になったのは、カウンターの下に張ってあった「ニンニク注射」の

ポスター。ほんとにあるんだと思いつつ、打って欲しいなんて真剣に

考えたりして。

広告を非表示にする