デューラー

少し前に、美の巨人たちデューラーの作品が出ていた。

この人の絵は、好きではないのだけど

この人の絵を見るたびに、高校時代の菊池くんを思い出す。

あれっ、以前書いたかな。

高校一年のころ、学校帰りに彼のアトリエ?(まーたまり場なのだけど)に

寄るのが日課だったことがある。

100円のプラモデルも彼に作らせると、3000円以上の価値に見えてしまうんだな。

16歳にしてもはや職人の域までいっていたような。

そんな彼の部屋の片隅にスケッチブックが積んであるのだけど、

機嫌が良い時に(16歳にしてかなりの偏屈)見せてもらえることに。

当時自分も少しは絵が描けるなんて思っていたのだけど、かれの

スケッチブックの中身を見たらぶっ飛んだ。


まさにここまで描いていたのよ。

上は、デューラーの作品だけど。

タマゲタね。

なのでそのページが風景画になった時、0.3ミリのペンシルで描かれた

町並みは、病気だなと思ってしまったくらい。

病気だったのかもしれないって、今でも思っていたりしますが。


この人もまた、病んでいたのだなと思っていますが。

広告を非表示にする