ノリノリ


チャリ通勤12日目。

久しぶりに、お昼を食べる時間も無いほど大忙しでしかも充実していた一日。

こんなに来店者が多いのは、確か初めて。

忙しいときほど、新しい仕事も転がり込んでくるもので。

バタバタしていて、お昼まで自分が短パンだったという事実に気づきませんでした。



男子プロゴルフツアーのサン・クロレラクラシック最終日は2日、北海道小樽市の小樽CC(7535ヤード、パー72)で行われ、17歳の石川遼が8バーディー、3ボギーでスコアを五つ伸ばし、通算17アンダーで優勝し、賞金3000万円を獲得した。6月のミズノオープンに続き今季2勝目、ツアー通算4勝目を、4日間すべて首位を走る「完全優勝」で達成した。

やはりウイニングパットが決まったときは、大声を出してしまった。

どーもサッカー観戦の癖なのか、よいプレーには歓声を緩慢なプレーには、ブーイングをというのが、身についてしまったような。

アメリカのツアーでも、ビュイック・オープンのワーウィックヒルズ・クラブの17番などは、もはやゴルフのそれとは違っているような。

そういう意味でも、BJがバーディーパットをはずして拍手されて本人がムッとしても、BJ自身どうってこと無いことのような。

遼くんの涙の意味合いは明かされてはいませんが、そういうことがあってもBJは遼くんに対して「優勝争いって面白いだろ」と励ましてくれるほどの人物に感動したのではないでしょうか。

遼くんは、持ってるものがやっぱ他のプロとはぜんぜん違う。

ツアーの一つや二つ、遼くんのためなら開催してもいいよって言ってくれる社長さん、けっこういるんじゃないの。

片山でも、こうはいかないよね。

千両役者だ。

広告を非表示にする