業務研修委員会

CLALIS2005-09-21

今日は4時から業務研修委員会です。
ガイドラインについての対応の仕方を話し合うはずです。
全金連の意見書も見せていただけるのかなと思っています。

東京3会は、ガイドラインの本人確認は無視するそうなので、
それに対する、業者側の対応について皆さんの意見を聞いてみるつもりです。
確かに代理人側はガイドラインで拘束をされているわけでは、ありませんが
先の判例ガイドラインを引用していたのにも関らずそれを無視するのは、
どーかな。介入文書には、必ずガイドラインという言葉がでてくるのに。

この矛盾から、今回のガイドラインが引き金となり、取引履歴の保存期間が
明確化されてくるような気がします。
判決理由は、読み返すと保存期間は規正法を採用しているふうによめます。

広告を非表示にする